ビズキューブは(中小)企業の経営者の「参謀」として、ビジネス上のモヤモヤ、情報活用(IT、ICT)のモヤモヤを解決するお手伝いをします。

その他

情報活用は経営戦略

情報活用は経営戦略

IT=情報活用

だといわれても、具体的にどういうことだという疑問を持たれるかもしれませんね。

まず一般的に情報とはなんでしょうか。
雑誌、書籍を読んで得られるもの、メディアから得られるもの、人伝で得られるもの、自分の体験で得られるもの、様々なものが情報です。

それでは企業における情報とは?

商品・サービス情報
社員情報
顧客情報
契約情報
財務情報

など、企業を経営するうえで必要なデータのことです。

多くの中小企業はまだまだ紙ベースの情報管理が一般的で、「顧客カルテ」のような紙で新規顧客の情報用紙を作成し、その後は修正を繰り返す。
しっかりと修正できていればいいですが、社員の手書きですから、面倒くさくていい加減に書いてあるものなどは、ほかの人は読めない。

これでは管理しているとは言えません。

また契約情報や社員情報、商品情報なども印刷した紙をファイリングしているだけで、いざお客さんからの問い合わせで必要になると、期ごとになっていれば大体わかるでしょうが、月ごとになっていたり、逆に年度ごとになっていたりすると見つけ出すのが大変。

これでは情報を活用しているとは言えません。

確かに”情報を集める”という点は、たとえ紙であれしっかりと実践している企業は多いと思いますが、活用のことを考えた整理をしている企業は半数もありませんし、ましてやしっかりと活用している企業は非常に少ないと思います。

活用する

というと、単純に「すぐにデータを引き出せる」とか「自分に必要なデータは常に最新」などというところで活用していると誤解している方が多いのも大きな問題です。

活用するとは、
会社の売上をあげるため、会社の信用をあげるため、顧客数を増加させるため、クレームを減らすため、要するに企業経営の上で日々問題になることを解決するために使うことをいいます。

そして、情報活用というキーワードには、

分析すること

社員や顧客の行動を促すこと

も含まれています。


多くの企業はここが戦略からぬけています。

分析 というと、とても難しいことのように感じるかもしれませんが、要は蓄積されたデータを元に、お客様の購入行動の動向パターンを見つけ出して、それぞれのパターンに応じた販促戦略をたてたり、商品の販売の動きをパターン化して、それぞれに応じた販売戦略をたてたりすることであって、統計のような難しいことまで最初から考える必要はありません。

情報を集めるという点は多くの企業が考えていて実施していますし、、整理もある程度のことはやっているのですが、活用・分析についてはほぼできていない実情で、

「ITは役に立たない」とか、
「ITを導入しても効果がでない」

などと言っている経営者の方と話をすると、残念で仕方ありません。
なぜなら

「情報活用できていないのに効果なんてでるわけがない」

からです。

これまでお手伝いをしてきた企業で、経営者がこのことに少なからず気づいている企業の経営者のITに対する感想は、

「今やなくなると業務が止まる」
「早く手掛けていてよかった。今後も進化させたい」

という言葉をよく聞きます。


情報活用(データ活用) = 集める・整理する・活用する


この言葉を一度真剣に考えてもらえれば、自社でどこにITが活用できるか自ずと見えてくると思います。
そして見えたところにまずは注力してITを活用する。

ITを導入するにはまず自社で真剣に検討することが必要です。

先にも記述しましたが、

集める・整理する・活用する

これをしっかりと念頭においた上で、IT化するメリットが一番わかりやすい業務からIT化を進めることがもっとも重要なポイントです。

情報活用についてまずはご相談ください。

ビズキューブとは

ビズキューブが考える、「企業を成長させために必要なもの」は、
Business – ビジネス(スタイル)
Intelligence – 知識・情報
Zeal – (経営者・社員の)熱意
です。

この3つをよりよく融合させることで、お客様の会社を成長させるためのお手伝いをいたします。
中小企業においては、経営企画担当がほぼいないため、経営者は常に自分でビジネスの成長の為苦労されていると思います。
特に、知識や情報は経営者が多くの時間を割き集めたり、得たりしていては、目の前の課題をクリアできなくなります。
しかし、経営者が本当に注力しなくてはいけないのは、将来を見据えた課題の解決や目的を達成するための取り組みです。

必要な情報を収集し、しっかりと活用できる仕組みを作り上げる。
また、ビジネスを成長させるための課題の解決や取組の手法を作り上げる。
私どもは、このようなことでお困りの経営者に「参謀」になることを目指しております。

サイトマップ

ビズキューブを選ぶ3つのメリット

ビズキューブが提供するお客様へのメリット
お客様にとってのメリットとは以下の3つであると考えます。
IT投資の効果を最大限に
ⅰ.導入検討段階からの全面支援
情報活用は何から手をつければ良いか」
ITはどんなメリットがあるのか」
を解決するためのコンサルティングから具体的な作業の手順、そしてその作業まで全面的にご指導、ご支援いたします。

ⅱ.導入(改善)期間の短縮
特にIT関連業者とのやりとりでは、専門用語が多く、また経験のないIT分野の情報を理解するには聞いたり、調べたり多くの時間を要します。
私共が皆様の代理として提案を慎重に検討し、お客様の要望を的確にまとめることで導入(改善)期間を短縮することが可能です。
IT投資の効果を最大限に
ⅲ.投資の効果を最大限に
導入しただけでは何のメリットも生まれません。
”どこから”、”どのように”、”何を”、”いくらかけて” - こういう点をしっかりとまとめることが投資効果を最大限にすることにつながります。

私共はお客様にとっての最大限のメリットがだせるようにご指導、お手伝いいたします。
成果がでるまでトコトンお付き合いいたします。

最新記事

  • qa-top Q.対象にしている会社は? - A.よく聞かれるのは業種ですが、特に特化している業種はありません。これまでの実績では、製造、小売り、サービス、建設、金融など様々です。私たちは企業再建や業種に特化した仕組み構築を主にしているのではなく、ビジネス構築や営業 […]
  • qa-top Q.通販はすぐに始められるのでしょうか? - A.この数年ですが、ネットショップをやってみたい、始めたいという相談が増えています。 結論から言えば、「始めるのは簡単です。が、それなりに投資が必要です。」ということです。 もちろん、自分で勉強してやるのであれば、初期費 […]
  • aboutdata-top 情報は活用するものです。 - 数年前からよくとりあげられるようになった「ビッグデータ」。 お会いする中小企業経営者の多くは「自分たちにはビッグデータなんて・・・」と言います。 どうもビッグデータを 「従来のデータ処理アプリケーションで処理することが困 […]
  • kashi-top 「視える化」は重要です。 - 昨今の社会の変化、経済の変化のスピードは、一昔前とは比較にならないほど速くなりました。 「来月の会議までに昨年度との比較表を作成しておくように」 なんてスピードでは、顧客の反応には全くついていけません。 なぜでしょうか? […]
  • sfa-top SFAって何だろう? - SFA – 営業支援システム 営業と言えば、 「足を使う」「大量の紙資料」「システム手帳で情報管理」「紙による営業報告」 というように、ITとは縁遠い業務のように考えている経営者が多いと思います。 中小企業に […]
  • it-top ITとは? - IT この言葉、最近では普通に使われていますが、意味をご存知でしょうか。 “Information Technology” つまり、「情報技術」ということです。 「情報をどのように活用するか」とい […]

新着情報

2015-6-1ウェブサイトをリニューアルしました。